AR砂場 『iSandBOX』

 

iSandBOX(アイサンドボックス)

– ARで進化した学べる砂場 –

第13回キッズデザイン賞受賞

Universal Terminal Systems社が2012年に開発、2013年に量産と販売を開始したAR砂場(AR Sandbox)です。
世界45ヶ国の幼稚園・小学校・テーマパーク・博物館・科学館・心理療法・介護など、様々な施設に1100台以上導入されており、
国内では、初導入のバイリンガル幼児園(横浜)、介護施設(名古屋)、大型室内公園(東京)に導入されています。

子どもから大人まで「遊ぶ・学ぶ・癒される」進化した砂遊びを楽しめるAR砂場です。

『iSandBOX』とは

 
天井部にある深度センサーが砂との距離をリアルタイムに計測して、その数値を元に物理演算した様々な映像をプロジェクションマッピングする、インタラクティブコンテンツを提供するシステムです。

AR(拡張現実)とは、コンピュータで生成された知覚できる情報(映像・音)を加えることによって、現実環境を拡張する技術です。

iSandBOXは拡張された現実として、川、海、噴火する火山、草木、雪などを3次元のコンピュータグラフィックスによって、美しい音楽、自然の環境音と共に表現します

導入事例

教育やエンターテイメント、展覧会や介護施設など様々な使用用途で世界各国で用いられています。

メディア掲載

レンタルやお問い合わせ報道関係についてはこちら

株式会社結の樹 担当:丸山
電話:052-838-8547
メールアドレス:yuinoki0405@gmail.com
FAX:052-838-8550

特別スポンサー

 

株式会社メルコホールディングス 様

メルコグループ 様

 

社会福祉法人陽だまりの家 様

社会福祉法人陽だまりの家 様

主催