ボッチャ体験

ボッチャについて

障害の有無や性別、国籍、年齢を問わず、誰もが楽しめるスポーツとして人気が高まっているボッチャ。
 ボッチャはヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツです。2020年東京パラリンピック大会の正式種目でもあり、各地で盛んに行われています。
 ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。
 障害によりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプ)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば、参加できます。競技は男女の区別のないクラスに分かれて行われ、個人戦と団体戦(2対2のペア戦と3対3のチーム戦があります。
「ボッチャはシンプルだけど奥が深くて楽しい」「つい熱くなってもう1球投げたくなってしまう!」とボッチャの魅力にはまる人が増えています。ボッチャは経験の多い少ないに関わらず、予測不可能で何が起こるかわからない楽しさがあるようです。
 誰でも楽しめるボッチャをぜひ、会場で体験してください。あなたもきっとボッチャの虜になりますよ!!

特別スポンサー

 

株式会社メルコホールディングス 様

メルコグループ 様

 

社会福祉法人陽だまりの家 様

社会福祉法人陽だまりの家 様

主催